正式な名称を「六フッ化硫黄ガス」といい、フロンガスの代わりにオゾン層を破壊しない代替フロンとして開発されました。

1960年代から電気および電子機器の分野で優れた絶縁性能や消弧性能が認められるとともに、化学的に安定度が高く無毒、無臭、無色、不燃性、人体に対しても安全なため、工業・医療などにも利用されてきました。
オゾン層を直接破壊しないことからフロンガスの代わりに利用されてきましたが、のちに地球温暖化に強力な影響があることがわかりました。

SF6ガスとは